ZOOM H6を買ってみた。音の世界にようこそ。

皆さんこんにちは、Royです。

本日ご紹介したい商品はZOOM H6。

zoomh6のパッケージ
まず最初にどんな商品なのかなのですが、最近オンライン飲み会等で大人気になっているオンライン会議サービスのzoomとは全く別物なのであしからず。
こちらの商品は一般的にPCMレコーダーと呼ばれるものになります。

ICレコーダーとか、ボイスレコーダーというと、皆さんも聞いたことがあると思うのですが、PCMレコーダーはレコーダーの中でも
自然音とか生音楽の録音に使われるものになるみたいです。

自分自身もそこまでこの領域に詳しいわけではないので、詳しくはググってもらえると助かります。
では、なぜこれを買ったのかについて書いていこうと思います。

何故、ZOOM H6を買ったの?

では、音楽家でもない僕が、何故この商品を買ったのか。

それは、いい音で映像を作りたいから、になります。
また最近、オンラインイベントで喋ることや、ゆくゆくはRoys CampとしてPodcastなんかもやっていきたいので、
音にもっとこだわれる環境を作りたいからというのもあります。

僕自身は動画を取る時は、ミラーレス一眼であるPanasonicのG9 Proや、Go Proを使うことが多いのですが、
やはり内臓マイクだと音は全然よくありません。

で、カメラ用のマイクを買おうかなーとも思ったのですが、色々なYoutubeをみている中で、
いい音で撮ってる人達は何を使っているのかを調べはじめました。

例えばこういう動画ですね。

https://www.youtube.com/watch?v=PTjpjWT0GHY

 

僕が好きなYoutuberなのですが、めちゃくちゃ音がいいじゃないですか。
あとはキャンプ系の動画で、物凄く焚き火の音をきれいに録れてる動画とかあるじゃないですか。

あの音は、今の自分の環境だと無理なことはわかっていて、何があればこのレベルの音が録れるのかを調べていったわけです。

恐らくやり方はいくつかあるとは思うのですが、ZOOM H6なら間違いなくそれができるだろうと思って購入に至りました。

ちなみにこちらが、ZOOM H6の公式サイトです。
ZOOM H6 公式ページ

ZOOM H6の特徴

では、この商品の特徴を少しお届けしましょう。

やはり一番の特徴は、マイク部分を取り替え可能なところだと思います。
僕は一番安いパッケージを買ったので、マイクはこの一つだけしかついていませんでした。

ZOOM H6

なんかプロっぽい機材ですね。
ガジェット好きにはたまらないビジュアルでもあります。

この上の部分のマイクがいくつかあって、例えばガンマイクタイプだったりとか、目的に応じて色々と変えられちゃうわけです。
一眼レフカメラで、レンズを変えるような感覚でマイクを変えることができちゃうわけですね。

今後もう一つくらいマイクを買ってみようと思います。

またもう一つの特徴は、これ自体でオーディオインターフェースになる、というところです。
このあたりは、あまり詳しくない人にとっては、”何言ってんだ、こいつ” って感じだと思うのですが、
簡単にいうと、この機材に4本のマイクを指して、それぞれの音を調整しながら4人の対話を録音できたりするわけです。

Podcastだったら、これ一台と人数分のマイクさえあれば、かなり高音質な音が録れると思われます。

駆動に関しては電池形式で、単三電池4本で20時間の録音が可能みたいですね。

ここで、公式のプロモーションビデオもご紹介しておきます。

 

さぁ、これから何を録ろうか。

開封して1日でこの記事を書いているので、正直全然使い方がわかっていません。

これから、何の音を録るか。それを考えるだけで楽しくなってきちゃいますね。
もしかしたらこれをきっかけに、料理動画とか撮り始めちゃうかもしれません。

ZOOM H6で台所での試し撮り

設定も何も気にせずに超適当に録った音でこのクオリティーなので、これから色々と研究して、
音の沼にハマっていこうと思います。

もし、Youtubeとかをみていて、”いやいや、この音どう見ても別撮りだと思うけど、どうやって録ってるの?”って思った方がいましたら、
購入を検討してみてもいいかもしれません。

僕は現在キャンペーンで通常より多くのポイントが手に入ったり、送料が無料だったりしたので、
楽器のイケベのECサイトで購入しました。

https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/670284

 

そいじゃまた!