<妻目線>キャンピングカー計画-他のキャンピングカーも見たよ!

こんにちは!

前回のブログでは我が家の理想のキャンピングカーについてお話しました。
現在、数多くの魅力的なキャンピングカーがある中で、理想的な一台を見つけられたのはラッキーでした。

いざ、ジャパンキャンピングカーショー2021へ!!

我が家はオーロラエクスクルーシブにしようと決心してから、再度キャンピングカーショーに参戦しました!参加したのは幕張で開催されたジャパンキャンピングカーショー2021でした。コロナ禍でも開催されたのは有り難かったですね。会場でもしっかり感染症対策がなされていました。
今のキャンピングカーへの需要の高まりが、開催を後押した感じでしょうか。

内心はケイワークスさんのオーロラエクスクルーシブと決めていましたが、せっかくの機会なので他のキャンピングカーもいくつか見ることにしました。
「やっぱりオーロラエクスクルーシブがいい…♡」という、確信を強めるためにも他のキャンピングカーを見る事はいいことかなと!

現地で私たちが見たのはこちらのキャンピングカーorビルダーです。
SEDONA
GORDON MILLER MOTORS(ゴードン ミラー モータース)
flexdream

どのビルダーも有名なので、ご存知の方も多いのではないでしょうか♡どのビルダーさんからもパンフレットをいただいたことがあります。

キャンピングカー SEDONA(セドナ)

まずはSEDONAから。(Roy撮影)
キャンピングカー

<メリット>
とにかく見た目がいい!!一目惚れで決めた方も多いのでは!?というほど、見た目がいい。
無垢材とアイアン素材や白基調のフレームが使われていて、とてもおしゃれ。
年齢層が高めをターゲットにしたキャンピングカーが多い中で、SEDONAは若者にも刺さるデザインだな〜と感じました。
あと、お値段的にも手を出しやすい!500万円以下でこんなにオシャレなキャンピングカーが手に入るのは珍しい。海、山、湖、雪山…どこに行っても、間違いなく写真映えする一台です。

<SEDONAユーザーの声>

<デメリット>
2021年現在、SEDONAには3種類のラインアップがあります。それぞれについて、残念ながら我が家には刺さらなかった理由をお話します。
SEDONA typeⅢ
・電気装備がほとんどない:標準装備はUSBポートとLEDダウンライトしかなく、サブバッテリー(鉛バッテリー)や外部AC100V入力及び充電、インバーターなどは追加オプションになります。
・キャンピングカーとしての設備がない:シンク、調理台、冷蔵庫等がなく、長期の車中泊に向かないのかなと。

SEDONA typeⅣ
・ハイルーフのため、残念ながら即却下。

SEDONA LAKESIDE
・乗車定員が3名のため、残念ながら即却下。

という事で、何度見てもSEDONAは格好いいですが、次行ってみようー!!!

GORDON MILLER MOTORS(ゴードン ミラー モータース)

続きまして、GORDON MILLER MOTORS(ゴードン ミラー モータース)です。
SEDONAと同様、本当に見た目がめちゃかっこいい一台です!!!夫が特に気に入っていました〜。
外装はハイエースとは一線を画し、オリジナルの丸目ライトやフェイスデザインが特徴的です。
天然木材を仕様した内装は、無駄なものを排除した洗練したデザインになっていますね♡

<メリット>
・ゴードンミラーというブランド力。そして、外装がなにより好み。特に、前から見た顔がいいんですよね〜この丸目ライトはオリジナルのもの。本当にこれがいい。
そして、GORDON MILLERのロゴがいい。素晴らしい。

ゴードンミラーのHPより

そして、中に入って見れば天然木の天井と床が目を引きます。SEDONAと同様、若者に刺さるデザインです。荷物もたくさん入るので、キャンプに行く際「荷物が入りきらない…」なんて事はないですね!
ゴードンミラーのHPより

値段もSEDONAと同様、500万円程です。キャンピングカーとしては、手を出しやすい価格帯ですね。

<ゴードンミラーモータース ユーザーの声>

<デメリット>
SEDONA typeⅢと同様、内装がシンプル故に、電気装備とキャンピングカーとしての設備がない。

外装も内装も本当に好みだったけれど、車内泊をする際の快適さを考えると…我が家に必要な設備がなさすぎる。。非常にシンプルが故に、物足りない…オーロラエクスクルーシブを知った後だと、電気設備が一切ない事が気になってしまいました。
調べてみると、将来的にはこたつも使えるサブバッテリー搭載のゴードンミラーが発売されるみたいですね。
参考記事→ ゴードンミラーのこたつが使えるハイエース、リチウムイオンバッテリー搭載 東京オートサロン2020

ということで、名残惜しつつもやはり気持ちは変わらず…次行ってみよー!!!

flexdream

そして、最後はflexdreamさん!
flexdreamはキャンピングカー製作に加えて、新車・中古車販売もやっているお店です。

<メリット>
flexdreamのいいところは、オンラインシミュレーションがあるところ!
ここからから色々試すことができます。外装だけでなく、内装も自分好みにシミュレーションできるんですよ〜。気になる方はぜひやってみてください♡わくわくしますよ!!

実は、キャンピングカーショーで撮った唯一の1枚。いや、なんでブログのためにもっとちゃんと撮影しておかなかったのか!?と自分でも思うのですが、なぜかこの1枚…
数多くのキャンンピングカーがある中、興奮してちょこまか動く息子を制御しながらだとなかなか撮影が難しく…取る余裕がなかったというのが本音。
そんな中でも、この車はとっておかなきゃ!と思って撮った一枚でした。
外装の色も素敵〜。
ハイエース200系 丸目クラシックカスタム ARB4x4サイドオーニング+INNOベースキャリア
flexdreamのHPより

<flexdream ユーザーの声>

 

<デメリット>
・あくまで個人的な意見ですが、HPから欲しい情報を見つけるのが難しかった…
と思ったけど、今これを書いている時に改めて調べてみると、こんなカタログを発見。
これを見ればよかったのか…
・サブバッテリーがリチウムではなかった
・冷蔵庫やシンクなどがない

外装のカスタムにはかなり惹かれましたが、我が家に必要な設備が足りないなぁ〜と思い、断念。

ちなみに…
最新の200系ハイエース6型を持込んで、後から外装を変えるというのは大変みたいです。
さらば青春の光の森田さんがご自身のyoutubeで語っています…
もしフレックスドリームさんの外装カスタムに興味がある方は、最初から問い合わせた方がよいみたいです!

と、いう事で…

やっぱり我が家にはケイワークスさんの“オーロラエクスクルーシブ”がベストチョイスだという思いが強まりました。
そして、いよいよケイワークスさんのブースへ…そのお話しはまた次に!

Mayでしたっ!